お問い合わせ

会社案内 Company Profile

コスメティックス・ラボ 研究員紹介

庭瀬 英明

皆さまは「朝シャン」をご存知でしょうか?

これは、朝にシャンプーをする事を略した言葉です。日本全体にパワーが溢れていたバブル時代に生まれた、それまで日本人の生活習慣には存在しなかったブームのひとつです。

髪の汚れを洗い流す事だけだった洗髪の価値観は、この頃から髪をサラサラにしたい等の目的にニーズがシフトし、今では朝シャンはごく自然な事として定着していますよね。

そこで、シャンプーしながらコンディショナー成分を髪に残す研究を行い、髪の仕上がり感を高めた、トリートメント効果のある製品開発をしたのが庭瀬です。

庭瀬は30年もの間、大手有名化粧品メーカーで勤務し、固形石鹸から始まり泡の出るボディソープやシャンプー、洗顔、クレンジング等までの界面活性剤の技術が基礎となるトイレタリー全般の処方開発実績があります。

現在はD5代替オイルを使用したメイク落としクレンジングや、ポンプフォーマー用洗浄剤の処方開発を担当しています。

今の時代の流れが石油成分から植物性成分へと変化する中で、両方の良い部分を活かした処方提案する事にも注目しています。

刻一刻と変化する状況に対応出来る適応力と、柔軟性のある庭瀬の手でこれから誕生する開発製品は、今では真新しいものでも数十年先には当たり前なものなっているかもしれませんね。

原 一茂

非遺伝子組み換えとうもろこしから精製した成分が配合された、天然由来で環境フレンドリーな新しい保湿剤があります。

この優れた製品に注目しているのが、ラボでスキンケアの処方開発を担当している原です。

原は生薬製剤で有名な製薬会社で成分分析に携わっていた頃、もっと物作りの仕事がしたい!と化粧品業界に飛び込み、その業界で20年以上も勤務していました。

大手有名化粧品メーカーではフェイスケア、ハンドクリーム等のスキンケア製品の開発に携わった後、より自由な研究開発を求めて日系高級化粧品メーカーに転職をします。

その後、フランスにある世界最大の化粧品会社が買収をし、そこでは会議やメールは英語に切り換わり大変な思いもしましたが、臨機応変に対応をしていました。

現在はラボで、様々な素材・原料を用いて、その原料の特性に留意したスキンケア処方を組み、「こんな感触の製品が出来ます」などの提案をしています。

普段は、大河ドラマに端を発しお城見学に出向いたり、友人との草野球から始まり野球観戦、裁判ものからRPGまでのTVゲームをする等、多趣味で行動的な原。 そんな幅広い知識や探究心の強さから、今後のスキンケア製品開発にも能動的に新しい気付きを生み出してくれるはずです。

内田 未奈

ラボでの処方開発がより円滑に出来る様にサポートをしているのが、アシスタントの内田です。

ラボでは、まずは庭瀬の担当であるトイレタリー製品の処方開発経験後、現在は原の担当しているスキンケア製品の処方開発アシスタントをしています。

内田の前職は、大手有名化学品メーカーでポリマーの基礎開発や、現在と同じ様に洗剤、日焼け止め製品の粘度に関する処方開発を担当していました。

それ以前は飲料受託製造会社で、主に缶コーヒーや豆のブレンド品の品質管理から商品開発を担当し、会社認定の味覚試験免許を5年間も保持していた実績があります。

免許を保持していた程の感覚を敏感に捉えるスキルは、今の業務では香りの判定等に活かされています。